建設物価調査会について

ワークライフバランス

次世代育成支援のための一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法の主旨に基づき、仕事と子育てを両立しながら働きがいのある雇用環境の整備に努め、すべての職員がその能力を十分発揮できるよう、次の行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日から平成30年3月31日までの2年間

2.内容

目標①
 妊娠・出産・育児に関する会内制度の周知や情報提供を積極的に行う

<対策>
平成28年4月〜
●産前・産後休暇および育児休業取得に関する手続きマニュアルの作成
●妊娠・出産の予定職員に対して、産前・産後休暇や関連制度についての説明を行う
●従業員支援制度(EAP)の積極的な利用を推進し、妊娠・出産・育児の不安解消に努める

平成28年9月〜
●管理職研修等で妊娠・出産・育児休業に関する会内制度や必要な配慮について説明する

目標②
 年次有給休暇の取得促進を図る(一事業年度における取得率65%以上の達成)

<対策>
平成28年4月〜
●一事業年度における年次有給休暇取得率65%達成に向けた取組みの周知徹底
●各月ごとの取得予定計画を策定させ、所属長が翌月に達成状況を確認する
 なお、一定割合より取得率が低い場合は、取得目標を再設定させる

女性活躍推進のための一般事業主行動計画

女性活躍推進法の主旨に基づき、女性が個性と能力を十分に発揮して活躍できる職場環境への更なる改善を目指し、次の行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日から平成30年3月31日までの2年間

2.当会の課題

総合職に占める女性労働者の割合が低く、配置部所にも偏りがある

3.目標と取組内容・実施時期

目標①
 女性の応募者の割合を全体の30%以上にする

<取組内容>
求職者に対する積極的な広報活動の実施

平成28年4月〜
●採用ホームページの見直し
●育児休業取得経験者による採用面談の実施

目標②
 女性総合職を未配置部所に配置し、多様な職務経験を付与する

<取組内容>
これまで女性総合職の配置がなかった部所に配置し、多様な職務経験とキャリアアップを図る

平成28年4月〜
●未配置部所の所属長に対するヒアリングを実施し、配置上の問題点等を洗い出す
●配属可能な部所の選定開始
●配置以後のきめ細かなフォローアップ

女性の活躍に関する情報公表

公表項目 年度 率・人数
採用した職員に占める女性職員の割合 平成28年度 33.3%
有給休暇取得率 平成28年度 67.2%
育児休業取得者数 平成28年度 2名
くるみんマーク TOKYOワークライフバランス認定企業
「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けることができました。 東京都いきいき職場推進事業における審査の結果、長時間労働削減取組部門において、ワークライフバランス認定企業として認定されました。
くるみんマーク

「子育てサポート企業」として、厚生労働大臣の認定を受けることができました。

TOKYOワークライフバランス認定企業

東京都いきいき職場推進事業における審査の結果、長時間労働削減取組部門において、ワークライフバランス認定企業として認定されました。

建設物価関連サイト

  • 出版物のご紹介
  • 復興!ニッポン Web建設物価
  • 建設業界の取引拡大支援サイト
  • 建設物価BookStore

このページのTOPへ