価格審査会
一般財団法人建設物価調査会 価格審査会 規約
(目的)
第1条
一般財団法人建設物価調査会(以下、「調査会」という。)が実施する資材価格及び工事費調査等の定期調査結果について、定期刊行物発刊前に第三者から広く意見を求め、その客観性、妥当性を確保することを目的として一般財団法人建設物価調査会 価格審査会(以下、「価格審査会」という。)を設置する。
(価格審査会の組織及び委員)
第2条
価格審査会の組織及び委員は次のとおりとする。
(1)
価格審査会は、委員4人以内で構成する。
(2)
委員は、理事長が委嘱する。
(3)
価格審査会に会長を置く。会長は、委員の互選により選任する。
(4)
委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。
(5)
委員は、非常勤とする。
(価格審査会の開催)
第3条
価格審査会は、会長が招集する。
価格審査会は、原則として毎月1回、定期刊行物発刊前に開催するものとする。
(価格審査会の事務)
第4条
価格審査会は、理事長の委嘱に基づき次の各号の事項について審査し、調査会に対して提言・助言を行う。
(1)
定期刊行物掲載価格の客観性、妥当性に関すること
(2)
定期刊行物掲載内容全般に関すること
審査の対象とする会誌は、翌月号とする。
必要に応じて理事長に対し、その結果の報告を行う。
(意見等の聴取)
第5条
価格審査会は、第4条の提言・助言を行うに当たっては、必要に応じて、委員以外のものから意見等を聴取することができる。
(事務局)
第6条
価格審査会の事務局は、調査会 調査統括部に置く。
(公表)
第7条
価格審査会の審査結果の概要は、必要に応じて、定期刊行物、調査会のホームページ等で公表するものとする。
附 則
(適 用)
この規約は、平成16年4月1日から適用する。
(改 正)
平成17年4月1日(一部改正)
平成18年4月1日(一部改正)
平成20年4月1日(一部改正)
平成22年4月1日(一部改正)
平成24年4月1日(一部改正)
平成26年4月1日(一部改正)
前のページへ戻る
Copyright(c) 2009 Construction Research Institute All Right Reserved