事業内容

建設工事に関する資材価格及び工事費等の価格実態調査

価格実態調査の特徴

価格調査は、市場における取引実態を調査するものです。しかし、売り手、買い手企業は、一般的に取引価格を外部に対して非公開としています。従って、単なるアンケート的な調査では取引価格の実態を把握することは極めて困難です。
当会では、このような条件の中で、創立以来半世紀の間に培った信用と価格調査経験・知識をもとに、インタビュー手法を取り入れた調査手法を主体に資材や工種ごとにその特性に最も適合した調査方法を用いて、かつ、中立的な立場で取引価格の実態を把握しています。

価格実態調査の種類

価格実態調査には、当会の自主的調査として実施する「定期調査」と、委託を受けて行う「受託調査」があります。
定期調査は、定期的に全国規模で調査を行い、その結果を「建設物価」(月刊)、「物価資料」(月刊)、「土木コスト情報」(季刊)及び「建築コスト情報」(季刊)に掲載・公表しているほか、インターネットを活用した「Web建設物価」等による提供も行っています。
受託調査は、各省庁、地方公共団体、独立行政法人、事業団等からの委託を受けて実施するものです。

最近の市況&価格動向

定期調査


月刊「建設物価」

「Web建設物価」

  • 建設工事に関する資材・機材価格
  • 建設機械、仮設機材賃貸料金、リース料金
  • 土木、建築工事費
  • 地質調査・土質試験
  • 測量成果品検定料金、環境計量測定料金
  • 海外建設資材情報
  • その他


季刊「建築コスト情報」

  • 建築工事市場単価
  • 建築工事費
  • その他


季刊「土木コスト情報」

  • 土木工事市場単価
  • 下水道工事市場単価
  • 地質調査市場単価
  • 土木工事標準単価
  • その他


月刊「物価資料」

  • 用度関連資材価格
  • その他

受託調査


調査報告書

調査報告書(電子納品)

  • 資材・機材価格、リース料
  • 用度関連諸資材価格
  • 土木工事市場単価、建築工事市場単価
  • 各種工事費
  • 地質調査・土質試験費
  • 環境計量測定料金
  • その他

調査フロー

価格実態調査は、ISO9001品質マネジメントシステムで定めた調査基準、審査基準に基づいて調査とその結果の検証を行っています。
調査結果の検証は、調査部門が行う他、調査部門とは独立した監査審査部門が事後審査として継続的に行っています。更に、調査結果の客観性、妥当性を確保するため、定期調査については、毎月、刊行物等の発刊・公開前に、外部の価格に関する有識者で構成する「価格審査会」による審査を、また、定期的に定期調査、受託調査とも外部の有識者、学識経験者による評価・監視を受けています(評価・監視については、「価格情報の透明性、客観性、妥当性確保の審査及びISO品質マネジメントシステムによるプロセスの監視」をご参照ください)。

調査技術資格制度

価格データ等の品質を維持するため、価格調査及び審査に携わる技術者の能力を検定する「資格制度」を設けています。本制度には調査技術者補、調査技術者、審査技術者の3つの資格があり、それぞれ所定の実務経験年数並びに資格審査委員会による論文審査、面接審査を経て合格認定しています。また資格取得者には、毎年「継続研鑽プログラム」による研修等の受講を義務付け、技術者としての能力を維持、向上させています。

このページのTOPへ