建設物価調査会について

コンプライアンス

1. 法令遵守

当会では、適切な事業運営を行なうため、「独占禁止法」「個人情報保護法」等の法令遵守に関する内規を定めています。 また、内規の周知及び遵守を徹底するため、全ての従業員を対象とした、コンプライアンス研修を毎年実施しています。なお、法令及び会の内規に違反行為が確認された場合は、就業規則に基づいて「賞罰委員会」を開催し、違反内容によっては対象者を懲戒処分に付します。

2. 行動規範

当会では、従業員が職務の遂行に際し、第三者から疑惑や不信を招く行為の防止を図り、会の業務に対する信頼を確保することを目的に、「従業員倫理規程」「調査員の規範」を定め、この遵守を職員の義務としています。

3. 会内通報制度(ホットライン)

当会では、法令及び就業規則をはじめとする会内諸規程に違反する行為の通報、相談、及び情報提供等に対して、会内部と会外部に窓口を設置しています。通報者の保護は勿論のこと、通報内容について調査を行い、違反行為が確認された場合には必要な措置を講じて改善を図ります。

4. 個人情報の保護

当会では、「個人情報保護方針」を公表し、内規として「個人情報保護規程」「個人情報保護規則」を設けて、「個人情報保護法」遵守の徹底を図っています。

5. 情報セキュリティの確保

当会では、「情報セキュリティ基本方針」を公表し、内規として「情報セキュリティ管理規程」を設けて、会内情報の漏洩、不正利用の防止など、情報セキュリティの確保に努めています。

6. 業務監査と指導

当会では、コンプライアンスに関する指導、教育並びに業務監査を担当する部所として、監査審査室を設置しています。監査審査室では、毎年全ての部所を対象に「業務監査」を実施し、法令・内規等の遵守の徹底と指導に取り組んでいます。

以上

このページのTOPへ