建設物価調査会

鋼材 2022年度上半期の価格高騰と現況

 鋼材類は、2020年初頭に新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延により需要が低迷。 2020年半ば頃に、経済活動再開により世界の鋼材需要が急回復したことにともない鉄鉱石・原料炭や鉄スクラップの価格が上昇に転じ、原料高を受けたメーカーの値上げにより上昇基調へ転換した。2022年に入るとウクライナ情勢の悪化や円安進行から原料価格がさらに上昇し、鋼材急騰局面を迎えた。

原材料の価格動向

鋼材は鉄鉱石、原料炭を主原料とする高炉製品と鉄スクラップを主原料とする電炉製品に大別される。

鉄鉱石・原料炭

ウクライナ情勢及び天候不順による供給不安から、鉄鉱石・原料炭ともに上昇。足元では、中国の景気減退を中心とした、海外の鋼材需要減少に伴い、下落基調に転じている。

出展:鉄鋼新聞

鉄スクラップ(東京)

上昇基調が続いていた鉄スクラップは5月GW明けより下落に転じる。3か月で25,000円の急落後、直近10月号で7,500円の反発。





主要鋼材の価格動向

鋼矢板(全国*沖縄除く)

高炉メーカー各社は原料高騰を受け4月以降トン当たり35,000円の値上げを実施。昨年度からの値上げも含め2021年12月号~2022年9月号で10カ月連続の市況上伸となり、過去最高値の200,000円となった。

メーカー値上げ分は、概ね市場に浸透し、先行き、横ばいの見通し。

H形鋼(東京)

原料高を主要因とした高炉・電炉メーカーの値上げにより、2022年4月号から10月号まで7カ月連続で上伸。

原料価格は軟化傾向にあるが、メーカー各社は原料価格の先行きの不透明感から、販売価格を据え置き、価格維持の姿勢。気配は強含みから横ばいへと局面の変化がみられる。

異形棒鋼(東京)

原料等の高騰を受けて、電炉メーカー各社は段階的に値上げを実施。2022年6月号は過去最高値のトン当たり121,000円に上昇。直近では鉄スクラップ急落を受け、116,000円に下落。

メーカー各社は、価格維持の姿勢を崩していないが、鉄スクラップの急落を受けて、需要家の値引き要求も強まっており、弱基調で推移している。

主要鋼材の価格推移(東京)


2022年上期に鋼材急騰要因となった原材料の鉄鉱石や原料炭の価格は、足元で下落に転じている。鉄スクラップ価格においても直近で反発しているものの、ロシアのウクライナ侵攻前の水準を下回っている。歴史的高値圏にある鋼材価格は、先行きの気配が「横ばい」の品種が大半となり、全般的に上昇基調が一服し天井感が台頭している。


注1. 主要資材の最新市況動向は、当会ホームページで毎⽉18 ⽇(⼟⽇祝⽇の場合は翌営業⽇)に更新しています
注2. Web 建設物価では資材の価格推移グラフや指定した時点間での価格変動が容易に確認できます


=問い合せ先=
⼀般財団法⼈ 建設物価調査会
 共通資材調査部 03-3663-0551
 調査統括部 03-3663-3892

本記事のPDFファイルをダウンロード

2022年9月20日掲載
おすすめ書籍・サービス
改訂版 まんが めざせ!現場監督
改訂版 まんが めざせ!現場監督
工業高校を卒業し建設会社に入社したての若者と、入社3年目の女性の2人が、一人前の現場監督に成長する姿をストーリー仕立てで描いています。
若手社員やこれから建設業を目指す学生さんたちに、ぜひ読んでいただきたい一冊です。
改訂6版 土木施工の実際と解説 上巻
改訂6版 土木施工の実際と解説 上巻
若手社員に最適です。
土木工事の施工法について、施工手順のフロー、施工機種の選定及び工程ごとの施工写真、イラスト等を掲載し施工実態をわかりやすく解説
まんが 土木積算入門-実行予算編-
まんが 土木積算入門-実行予算編-
若手社員の研修教材として
「土木積算」、特に「実行予算」作成(基本的な考え方・手順等について)の入門書として、マンガで分かりやすく解説