建設物価調査会

3次元モデルデータの利活用推進

建設業の生産性向上を図る「BIM/CIM」「i-Construction」の中心となるのが、3次元モデルデータです。当会は3次元モデルデータの利活用を推進するため、部品CADデータライブラリ「i-部品Get」の運営やセミナーの開催などに取り組んでいます。

3Dデータを活用しよう

3次元のメリットは? 本当に効果があるの?

3次元モデルがもたらす効果や活用方法、実務で成果をあげられている企業や官公庁の取組みをご紹介します。

土木分野における3次元モデルデータ活用について  大阪大学 大学院工学研究科
教授 矢吹 信喜氏
3Dデータ活用に初めて取り組む利用者が行うべき効果的な手法  株式会社鴻池組
3次元モデルを活用し、施工イメージを共有
東京メトロ銀座線渋谷駅移設工事
東急建設株式会社
トンネル工事、橋梁工事は全て BIM・CIM 対応に  国土交通省 関東地方整備局
横浜国道事務所
PC橋梁の施工にBIM/CIMを活用し、
現場の生産性向上に大きく貢献 
株式会社日本ピーエス

部品CADデータダウンロードサイト
i-部品Getのご紹介

i-部品Get(https://www.i-buhinget.com/)

 i-部品Getは、土木関連の2・3次元部品CADデータを収録したダウンロードサイトです。

メーカー約50社の部品データをカテゴリーやキーワードで検索して、ダウンロードできます。

ダウンロードしたデータは、お使いのCADソフトに取り込んでご使用いただけます。図面やモデル作成の効率化にご活用ください。

〇会員登録、ダウンロードは無料
〇登録メーカー約50社 の 約200 製品の最新データを収録
〇2・3次元データを収録(ファイル形式:DWG / DXF / RFA / IFC)
〇3DPDF によるプレビュー機能
〇製品紹介・解説も充実