建設物価調査会

建設分野における外国人の活躍 企業レポート

 人口減・少子高齢化等による人手不足を解消するため「出入国管理法」が改正され、2019年4月より新たな外国人就労者受け入れ制度がスタートし、今後5年間で約4万人の受入を見込んでいます。

 しかし、日本語能力、賃金・労働時間等の労働条件、安全対策、家族、文化・宗教など課題は山積しています。政府をはじめ関連業界の協会・団体等でも、新制度導入に合わせて各種相談まどぐいちゃ支援体制が整備されつつあるが、とりわけ外国人を直接受け入れる企業の環境性が最も重要となるのは間違いないであろう。

 すでに技能実習生等で外国人を受け入れている企業、それらを支援している協会・団体、あるいは外国人留学生が学んでいる専門学校等を取材し、課題とどう向き合い、解決に向けどのような工夫や努力を行っているか、現場の生のレポートをご紹介します。

新刊書籍のご案内

この1冊で、安全学習も日本語学習も!

まんが よくわかる工事現場の安全 (ベトナム語・日本語併記版)

現場に潜む危険とその対策を「まんが」でわかりやすく解説!現場で特に必要な用語や、安全に直結する標識についても学べます!

まんが よくわかる工事現場の安全
2020年4月発行 1,600円+税
まんが よくわかる工事現場の安全

クリックで拡大

詳細・お申込みについては、オンラインショップ「建設BookStore」(別サイト)をご利用ください。