建設物価調査会

地区別資材動向(北海道)

2020年11月10日調べ 北海道

資材動向

品名 品名 規格 単位 札幌
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-18-25(20)m312,950
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート21-18-25(20)m313,300
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-12-40m312,700
砂利砂利25mm 洗いm3-
荒目 洗いm35,200
細目 洗いm3-
コンクリート用砕石コンクリート用砕石20~5mmm34,400
粒調砕石粒調砕石40~0mmm3-
単粒度砕石単粒度砕石6号 13~5mmm35,400
再生砕石再生砕石再生クラッシャラン 40~0mmm32,400
再生アスファルト混合物再生アスファルト混合物密粒度13Ft11,300

(注)北海道地区の再生アスファルト混合物は密粒度13Fの価格

<市況(現況と見通し)>

  • レディーミクストコンクリート(根室)

    小森
    先行き気配

    共販体制に乱れなく、横ばい推移

     21-18-20でm3当たり21,150円と前月比変わらず。防衛関係の建築特需が終了したため、協組は、本年度の出荷量を前年度比1万m3減の2万5千m3と見込んでいる。港湾関係工事が需要を下支えするなか、協組は結束を固めて現行価格を維持している。エリア内に員外社がないこともあり、先行き、横ばい推移の公算が大きい。

  • 道路用砕石(網走)

    大倉
    先行き気配

    需要低迷ながらも、横ばい推移

     クラッシャラン40~0mmでm3当たり3,300円と前月比変わらず。目立った物件がなく、需要は低調に推移している。今後も大型物件の予定はなく、先行き需要に明るさが見えない状況下、メーカー各社は売り急ぎをせず、現行の価格水準を維持する姿勢を保っている。先行き、横ばいで推移する公算が大きい。