建設物価調査会

地区別資材動向(北海道)

2021年2月10日調べ 北海道

資材動向

品名 品名 規格 単位 札幌
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-18-25(20)m312,950
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート21-18-25(20)m313,300
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-12-40m312,700
砂利砂利25mm 洗いm3-
荒目 洗いm35,200
細目 洗いm3-
コンクリート用砕石コンクリート用砕石20~5mmm34,400
粒調砕石粒調砕石40~0mmm3-
単粒度砕石単粒度砕石6号 13~5mmm35,400
再生砕石再生砕石再生クラッシャラン 40~0mmm32,400
再生アスファルト混合物再生アスファルト混合物密粒度13Ft11,300

(注)北海道地区の再生アスファルト混合物は密粒度13Fの価格

<市況(現況と見通し)>

  • レディーミクストコンクリート(中標津)

    小森
    先行き気配

    値上げ交渉に進展見られず、横ばい

     21-18-25でm3当たり19,700円と前月比変わらず。協組は、製造・輸送コストや人件費上昇を理由に、昨年12月に800円の値上げを表明。現状、小口物件が中心で、価格交渉に進展は見られない。大型案件の引き合いは5月以降の見込みで、本格的な交渉は次年度以降になるとの見方が強い。先行き、横ばい推移の公算が大きい。

  • 道路用砕石(留萌)

    金山
    先行き気配

    需要低迷も、横ばい推移

     クラッシャラン40~0mmでm3当たり3,900円と前月比変わらず。工事の小規模化や道路新設工事の減少により、需要は低調に推移している。大型工事の計画もなく、今後も需要増加が見込めない状況下で、メーカー各社は現行価格を維持する姿勢を見せている。先行き、横ばいで推移する公算が大きい。