建設物価調査会

地区別資材動向(沖縄)

2022年5月10日調べ 沖縄

資材動向

品名 品名 規格 単位 那覇
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-18-25(20)m314,850
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート21-18-25(20)m315,200
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-12-40m314,950
砂利砂利25mm 洗いm3-
荒目 洗いm3-
細目 洗いm33,850
コンクリート用砕石コンクリート用砕石20~5mmm34,850
粒調砕石粒調砕石40~0mmm34,700
単粒度砕石単粒度砕石6号 13~5mmm34,900
再生砕石再生砕石再生クラッシャラン 40~0mmm33,750
再生アスファルト混合物再生アスファルト混合物密粒度13t12,800

(注)那覇の粒調砕石は白砕石の価格

<市況(現況と見通し)>

  • レディーミクストコンクリート

    那覇
    岩崎
    先行き気配

    協組が値上げ表明も、横ばい推移

     21-18-20でm3当たり15,200円と前月比変わらず。2021年度の出荷量は106万8千m3(協組調べ)で前年度比15.4%の減少。協組は、原材料費上昇や製造・輸送コスト増加などを理由に、4月から3,000円の値上げを表明。しかし、新規物件に乏しく、価格交渉が本格化するには時間を要する見込み。先行き、横ばいの公算が大きい。

  • 再生アスファルト混合物

    那覇
    国仲
    先行き気配

    需要家の購入姿勢厳しく、横ばい

     密粒度13でトン当たり12,800円と前月比変わらず。メーカー各社はストアス価格の高騰や輸送コスト増加分を販売価格に転嫁すべく値上げを表明。一部の需要家は安定調達のため値上げに理解を示しているが、需要減少の状況下、大勢は厳しい購入姿勢を保っている。値上げ浸透には時間を要する見通し。先行き、横ばいの公算大。