建設物価調査会

地区別資材動向(近畿)

2021年3月10日調べ 近畿

資材動向

    
品名 品名 規格 単位 福井 大津 京都A 大阪 神戸 奈良 和歌山
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-18-25(20)m314,80018,70017,40018,80018,80017,20019,000
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート21-18-25(20)m315,00019,10017,80019,40019,40017,80019,500
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-12-40m314,50017,40018,80018,80017,20019,000
砂利砂利25mm 洗いm34,000-3,950----
荒目 洗いm34,5004,0004,2004,6004,0004,1004,200
細目 洗いm33,4004,1004,2004,6004,0004,1004,200
コンクリート用砕石コンクリート用砕石20~5mmm34,0003,7003,8004,3003,9004,1003,400
粒調砕石粒調砕石40~0mmm33,7003,1003,0002,6502,7003,2002,650
単粒度砕石単粒度砕石6号 13~5mmm34,0003,7003,9004,0004,0004,0003,150
再生砕石再生砕石再生クラッシャラン 40~0mmm32,5001,9001,5501,0501,3001,6501,600
再生アスファルト混合物再生アスファルト混合物密粒度13t10,10010,0009,3009,1009,3009,6009,500

<市況(現況と見通し)>

  • レディーミクストコンクリート(宇陀)

    福本
    先行き気配

    値上げが浸透、400円上伸

     18-8-20でm3当たり17,200円と前月比400円の上伸。協組は、スランプ値差の撤廃を伴う値上げを昨年4月に表明。ここにきて新規大口物件が動きだし、安定調達を優先した需要家が値上げを受け入れた。協組は、4月からの広域協組化を見据え、1月から新たな値上げを表明。有力な員外社がなく、先行き、強含みの公算大。

  • 再生アスファルト混合物(京都A)

    熊澤
    先行き気配

    現行価格を維持、横ばい推移

     密粒度13でトン当たり9,300円と前月比変わらず。4~1月の出荷量は43万トン(協会調べ)で前年同期比12.2%の増加。激しい受注競争のなか、採算を確保したい需要家は値下げ要求を強めているが、メーカー各社は輸送コストの上昇や原材料の先高観を理由に要求には応じていない。先行き、横ばい推移の公算が大きい。