建設物価調査会

地区別資材動向(近畿)

2022年5月10日調べ 近畿

資材動向

    
品名 品名 規格 単位 福井 大津 京都A 大阪 神戸 奈良 和歌山
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-18-25(20)m314,80018,70019,20018,80018,80019,20019,000
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート21-18-25(20)m315,00019,10019,80019,40019,40019,80019,500
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-12-40m314,50019,20018,80018,80019,20019,000
砂利砂利25mm 洗いm34,000-4,300----
荒目 洗いm34,5004,0004,6504,6004,3004,1004,500
細目 洗いm33,4004,1004,6504,6004,3004,1004,500
コンクリート用砕石コンクリート用砕石20~5mmm34,0003,7004,1004,3004,2004,1003,700
粒調砕石粒調砕石40~0mmm33,7003,1003,3002,6502,7003,2002,700
単粒度砕石単粒度砕石6号 13~5mmm34,0003,7004,2004,0004,0004,0003,400
再生砕石再生砕石再生クラッシャラン 40~0mmm32,5001,9001,5501,0501,3001,6501,600
再生アスファルト混合物再生アスファルト混合物密粒度13t10,90010,8009,6009,1009,3009,6009,500

<市況(現況と見通し)>

  • レディーミクストコンクリート

    大阪
    緒方
    先行き気配

    強い結束による共販体制を維持し、横ばい推移

     18-18-20でm3当たり18,800円と前月比変わらず。2021年度の出荷量は505万1千m3(工組調べ)で前年度比3.8%の減少。出荷量は減少したが、大阪駅周辺や難波地区の再開発工事向けの出荷は好調に推移。今後、大阪・関西万博向けの出荷も見込まれるなか、協組は現行価格維持の姿勢。先行き、横ばいの公算大。

  • 再生アスファルト混合物

    大津
    水本
    先行き気配

    未転嫁分の値上げ交渉を継続

     密粒度13でトン当たり10,800円と前月比変わらず。協組は、ストアス価格の上昇による製造コストの増加と出荷量減少に伴う固定費率の上昇を理由に値上げを打ち出した。値上げ額の一部が浸透した後も、協組は未転嫁分の値上げ交渉を継続しているが、需要家はさらなる値上げに難色を示している。先行き、横ばいの公算大。