建設物価調査会

地区別資材動向(中国)

2020年10月10日調べ 中国

資材動向

品名 品名 規格 単位 鳥取 松江 岡山 広島 山口
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-18-25(20)m311,90017,23016,00015,500※16,950
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート21-18-25(20)m312,30017,71016,20015,950※17,350
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-12-40m311,60016,58015,90015,350※16,450
砂利砂利25mm 洗いm3-----
荒目 洗いm3-4,7003,8003,4003,500
細目 洗いm33,1004,7003,8003,4003,500
コンクリート用砕石コンクリート用砕石20~5mmm33,6004,3003,2003,1003,100
粒調砕石粒調砕石40~0mmm33,9004,1002,6002,9003,100
単粒度砕石単粒度砕石6号 13~5mmm34,8004,4003,2003,2003,300
再生砕石再生砕石再生クラッシャラン 40~0mmm32,5003,1001,8001,3002,100
再生アスファルト混合物再生アスファルト混合物密粒度13t13,30012,20010,6009,80010,400

(注)山口の※印は山口Aの価格

<市況(現況と見通し)>

  • レディーミクストコンクリート(岡山)

    萩生田
    先行き気配

    出荷量減少も、現行価格維持

     18-18-20でm3当たり16,000円と前月比変わらず。4~8月の出荷量は24万3千m3(工組調べ)で前年同期比10.9%の減少。再開発事業に伴う商業施設や大型マンション等の物件はあるものの、荷動きは低調に推移している。協組は強固な共販体制のもと、現行価格を維持する姿勢。先行き、横ばいで推移する公算が大きい。

  • 再生アスファルト混合物(松江)

    青木
    先行き気配

    現行価格を維持、横ばい推移

     密粒度13でトン当たり12,200円と前月比変わらず。4~8月の出荷量は9万4千トン(協会調べ)で前年同期比20.1%増加。需要が低水準だった前年度を上回るが、依然盛り上がりを欠く。需要低迷で採算が悪化しているメーカー各社は、ストアス価格に先高観があるなか、現行価格維持に努めている。先行き、横ばいの公算大。