建設物価調査会

地区別資材動向(四国)

2021年1月10日調べ 四国

資材動向

品名 品名 規格 単位 徳島 高松 松山A 高知
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-18-25(20)m314,80014,30012,7009,400
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート21-18-25(20)m315,30014,80013,00010,000
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-12-40m314,80013,50012,0008,700
砂利砂利25mm 洗いm3----
荒目 洗いm33,9003,6003,100-
細目 洗いm33,9003,6003,1003,600
コンクリート用砕石コンクリート用砕石20~5mmm33,2003,5002,9003,600
粒調砕石粒調砕石40~0mmm32,9003,5003,1003,000
単粒度砕石単粒度砕石6号 13~5mmm33,4003,600-3,600
再生砕石再生砕石再生クラッシャラン 40~0mmm31,7001,9001,9001,900
再生アスファルト混合物再生アスファルト混合物密粒度13t12,50012,60012,00013,300

<市況(現況と見通し)>

  • レディーミクストコンクリート(美波)

    加藤
    先行き気配

    出荷は好調、横ばい推移

     18-18-20でm3当たり18,300円と前月比変わらず。消波ブロックなどの港湾関連工事需要にけん引され、4~11月の出荷量は2万5千m3(工組調べ)で前年同期比88.5%の大幅増。需要家の購入姿勢は厳しいものの、協組は好調な出荷量を背景に現行価格の維持に努めている。先行き、横ばい推移の見通し。

  • 再生アスファルト混合物(高知)

    筒井
    先行き気配

    ストアス高も、横ばい推移

     密粒度13でトン当たり13,300円と前月比変わらず。4~11月の県内出荷量は17万2千トン(協会調べ)で前年同期比28.5%の増加。需要は好調に推移しているが、工事受注競争は依然として激しく、需要家の値下げ要求は強い。一方、メーカー各社はストアス価格の上昇を背景に現行価格を維持する構え。先行き、横ばいの見通し。