建設物価調査会

地区別資材動向(四国)

2022年9月10日調べ 四国

資材動向

品名 品名 規格 単位 徳島 高松 松山A 高知
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-18-25(20)m317,80016,30016,70012,400
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート21-18-25(20)m318,30016,80017,00013,000
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-12-40m317,80015,50016,00011,700
砂利砂利25mm 洗いm3----
荒目 洗いm34,1004,000--
細目 洗いm34,1004,000-4,100
コンクリート用砕石コンクリート用砕石20~5mmm33,5004,4003,4003,600
粒調砕石粒調砕石40~0mmm33,2004,3003,4003,300
単粒度砕石単粒度砕石6号 13~5mmm33,7004,500-3,600
再生砕石再生砕石再生クラッシャラン 40~0mmm31,7001,9002,0001,950
再生アスファルト混合物再生アスファルト混合物密粒度13t14,00013,60013,50014,400

<市況(現況と見通し)>

  • レディーミクストコンクリート

    徳島
    先行き気配
    中條

    製造・輸送コスト増を背景に、2,000円の上伸

     18-18-20でm3当たり17,800円と前月比2,000円の上伸。4~7月の出荷量は13万1千m3(工組調べ)で前年同期比9.6%の減少。協組は製造・輸送コスト増を背景に7月から2,000円の値上げを表明。協組の結束は強く、値上げに難色を示していた需要家は安定調達を優先し、これを受け入れた。先行き、横ばいの見込み。

  • 再生アスファルト混合物

    高松
    先行き気配
    近藤

    原材料高を販売価格に転嫁、1,000円の上伸

     密粒度13でトン当たり13,600円と前月比1,000円の上伸。メーカー各社は原材料価格の上昇分を販売価格に転嫁すべく値上げを表明。メーカーは強腰で交渉を続け、理解を示した需要家は値上げを受け入れた。メーカーはさらなる値上げを目指し交渉を継続する意向にあるが、需要家の購入姿勢は厳しい。先行き、横ばいの公算大。