建設物価調査会

地区別資材動向(四国)

2021年10月10日調べ 四国

資材動向

品名 品名 規格 単位 徳島 高松 松山A 高知
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-18-25(20)m315,80014,30012,7009,400
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート21-18-25(20)m316,30014,80013,00010,000
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-12-40m315,80013,50012,0008,700
砂利砂利25mm 洗いm3----
荒目 洗いm33,9003,800-
細目 洗いm33,9003,8003,600
コンクリート用砕石コンクリート用砕石20~5mmm33,2003,7003,4003,600
粒調砕石粒調砕石40~0mmm32,9003,7003,4003,100
単粒度砕石単粒度砕石6号 13~5mmm33,4003,800-3,600
再生砕石再生砕石再生クラッシャラン 40~0mmm31,7001,9502,0001,950
再生アスファルト混合物再生アスファルト混合物密粒度13t12,50012,60012,00013,300

<市況(現況と見通し)>

  • レディーミクストコンクリート(新居浜)

    岡田
    先行き気配

    協組が現行価格を維持、横ばい推移

     21-18-20でm3当たり14,600円と前月比変わらず。4~8月の出荷量は8万5千m3(工組調べ)で前年同期比15.7%の減少。新居浜病院などの大型公共物件が一段落し低調な荷動きとなっているが、大型民間物件が動き出しており、出荷量減少は一時的との見方が強い。協組は現行価格維持に努めており、先行き、横ばいの公算大。

  • 再生アスファルト混合物(徳島)

    中條
    先行き気配

    ストアス価格上昇も、横ばい推移

     密粒度13でトン当たり12,500円と前月比変わらず。天候不順により稼働日数が少なかったことが影響し、8月の出荷量は1万9千トン(協会調べ)で前年同月比13.6%減少した。メーカー各社は原材料であるストアスの価格上昇を理由に値上げを表明している。しかし、需要家の購入姿勢は厳しく、先行き、横ばいの公算大。