建設物価調査会

地区別資材動向(四国)

2023年1月10日現在 四国

資材動向

品名 品名 規格 単位 徳島 高松 松山A 高知
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-18-25(20)m317,80016,30016,70012,400
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート21-18-25(20)m318,30016,80017,00013,000
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-12-40m317,80015,50016,00011,700
砂利砂利25mm 洗いm3----
荒目 洗いm34,1004,000--
細目 洗いm34,1004,000-4,100
コンクリート用砕石コンクリート用砕石20~5mmm33,5004,4003,4003,600
粒調砕石粒調砕石40~0mmm33,2004,3003,4003,300
単粒度砕石単粒度砕石6号 13~5mmm33,7004,500-3,600
再生砕石再生砕石再生クラッシャラン 40~0mmm31,7001,9002,0001,950
再生アスファルト混合物再生アスファルト混合物密粒度13t14,00013,60013,50014,900

<市況(現況と見通し)>

  • レディーミクストコンクリート

    安芸
    先行き気配
    筒井

    協組が値上げを表明、今後の動向に注目

     18-18-20でm3当たり19,500円と前月比変わらず。協組は、セメントメーカーの値上げ表明と骨材価格の上昇による製造コスト増を理由として1月以降の新規契約分から2,000円値上げを表明。エリア内に員外社がない状況下で、協組は強腰で交渉を行う姿勢を見せており、今後の動向が注目される。先行き、強含みの公算が大きい。

  • 再生アスファルト混合物

    松山A
    先行き気配
    岡田

    ストアス価格下落も、横ばい推移

     密粒度13でトン当たり13,500円と前月比変わらず。4~11月の出荷量は18万9千トン(協会調べ)で前年同期比4.1%減少。維持修繕向け工事が中心で、荷動きは精彩を欠いている。メーカー各社はストアス価格が下落に転じているものの、骨材価格の先高観や輸送コスト増を理由に現行価格維持の構え。先行き、横ばいの見通し。