建設物価調査会

地区別資材動向(四国)

2022年5月10日調べ 四国

資材動向

品名 品名 規格 単位 徳島 高松 松山A 高知
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-18-25(20)m315,80016,30013,7009,400
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート21-18-25(20)m316,30016,80014,00010,000
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-12-40m315,80015,50013,0008,700
砂利砂利25mm 洗いm3----
荒目 洗いm33,9003,800-
細目 洗いm33,9003,8003,600
コンクリート用砕石コンクリート用砕石20~5mmm33,2003,7003,4003,600
粒調砕石粒調砕石40~0mmm32,9003,7003,4003,100
単粒度砕石単粒度砕石6号 13~5mmm33,4003,800-3,600
再生砕石再生砕石再生クラッシャラン 40~0mmm31,7001,9002,0001,950
再生アスファルト混合物再生アスファルト混合物密粒度13t12,50012,60012,50013,800

<市況(現況と見通し)>

  • レディーミクストコンクリート

    四万十
    筒井
    先行き気配

    協組が値上げを表明、先行き強含み

     21-8-40でm3当たり16,400円と前月比変わらず。2021年度の出荷量は11万9千m3(工組調べ)で前年度比11.3%の増加。協組は、セメントメーカーの値上げ表明と燃料油高騰による製造・輸送コスト増を理由に、4月出荷分から2,000円の値上げを表明。需要家は値上げに理解を示し始めている。先行き、強含みの公算が大きい。

  • 再生アスファルト混合物

    徳島
    中條
    先行き気配

    メーカーが売り腰を強め、先行き強含み

     密粒度13でトン当たり12,500円と前月比変わらず。2021年度の出荷量は32万1千トン(協会調べ)で前年度比7.2%の減少。メーカー各社は、出荷量減少と原材料であるストアス価格上昇による採算悪化に危機感を強めている。需要家の購入姿勢は厳しいものの、メーカーは売り腰を強める構え。先行き、強含みの見込み。