建設物価調査会

地区別資材動向(九州)

2024年5月10日現在 九州

資材動向

    
品名 品名 規格 単位 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-18-25(20)m319,00019,00017,50022,00019,40023,70021,600
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート21-18-25(20)m319,55019,55018,05022,50019,85024,000☨22,800
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-12-40m318,85018,75017,25021,90019,30023,40021,200
砂利砂利25mm 洗いm3-------
荒目 洗いm33,9004,0003,6503,7002,7004,6004,000
細目 洗いm33,9004,0003,4503,7002,7004,6004,000
コンクリート用砕石コンクリート用砕石20~5mmm33,1003,8003,2503,8002,9004,2004,000
粒調砕石粒調砕石40~0mmm33,1003,1003,1503,4002,600-4,000
単粒度砕石単粒度砕石6号 13~5mmm33,4003,7003,5003,8003,2003,5004,200
割ぐり石割ぐり石50~150mmm33,5003,1003,1003,6002,9003,7004,100
再生砕石再生砕石再生クラッシャラン 40~0mmm31,8002,4002,1002,0001,8002,3002,100
再生アスファルト混合物再生アスファルト混合物密粒度13t10,80011,80013,00012,60011,70013,50013,000

(注)鹿児島の☨印は高性能 AE 減水剤使用生コン(SPC)の価格

<市況(現況と見通し)>

  • レディーミクストコンクリート

    大分
    先行き気配
    永島

    現行価格を維持、横ばい

     18-8-40でm3当たり19,100円と前月比変わらず。大分地区の2023年度出荷量は、30万8千m3(工組調べ)で前年度比15.1%の増加。マンションなどの民間物件が需要をけん引し前年度を上回った。電力料金の上昇など製造コストが増加するなか、協組は現行価格を維持する構え。先行き、横ばいの公算が大きい。

  • コンクリート用砕石

    佐賀
    先行き気配
    生方

    メーカーの売り腰強く、目先強含み

     20~5㎜でm3当たり3,800円と前月比変わらず。メーカー各社は、製造および輸送コストの増加を理由に4月から値上げを表明。需要家の生コンメーカーは、当初値上げに難色を示していたが、供給可能なメーカーが限られるため、購入姿勢を軟化させている。メーカーの売り腰に緩みは見られず、目先、強含みの見通し。