建設物価調査会

地区別資材動向(九州)

2021年1月10日調べ 九州

資材動向

    
品名 品名 規格 単位 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-18-25(20)m313,00012,40012,15015,00014,90018,70015,600
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート21-18-25(20)m313,45012,95012,70015,50015,35019,000☨16,800
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-12-40m312,85012,15011,90014,90014,80018,40015,200
砂利砂利25mm 洗いm3-------
荒目 洗いm33,4003,7003,2503,2002,7004,1003,200
細目 洗いm33,4003,7002,8503,2002,7004,1003,200
コンクリート用砕石コンクリート用砕石20~5mmm32,9003,4003,0503,5002,9003,7503,200
粒調砕石粒調砕石40~0mmm32,5003,1002,9503,1002,600-3,200
単粒度砕石単粒度砕石6号 13~5mmm33,4003,5003,2503,5003,2003,5003,500
再生砕石再生砕石再生クラッシャラン 40~0mmm31,9002,4002,0002,0001,8002,3002,100
再生アスファルト混合物再生アスファルト混合物密粒度13t9,30010,50012,20010,80010,60011,50011,100

(注)鹿児島の☨印は高性能 AE 減水剤使用生コン(SPC)の価格

<市況(現況と見通し)>

  • レディーミクストコンクリート(佐賀)

    市野
    先行き気配

    値上げ交渉を継続、強含み

     18-18-20でm3当たり12,400円と前月比変わらず。4~11月の出荷量は23万5千m3(工組調べ)で前年同期比7.5%の減少。大型物件の総合体育施設工事はあるが、需要は低調。協組は、原材料や輸送コスト上昇を理由とする値上げの積み残し分浸透を目指し交渉を継続。一部需要家が理解を示しており、先行き、強含みの見通し。

  • 道路用砕石(北九州)

    佐藤
    先行き気配

    現行価格を維持、横ばい推移

     クラッシャラン40~0mmでm3当たり2,600円と前月比変わらず。目立った大型工事はないものの、現状は例年並みの荷動きを保っている。今後も目立った物件に乏しく、需要面では盛り上がりを欠く状況が予想される。メーカー各社は売り急ぎを避け、採算重視の販売姿勢を維持しており、先行き、横ばいの公算が大きい。