建設物価調査会

地区別資材動向(中部)

2021年7月10日調べ 中部

資材動向

品名 品名 規格 単位 岐阜 静岡 名古屋
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-18-25(20)m311,00013,00011,000※15,000
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート21-18-25(20)m311,40013,40011,300※15,300
レディーミクストコンクリートレディーミクストコンクリート18-12-40m311,00013,00011,000※15,000
砂利砂利25mm 洗いm33,8503,8003,9003,700
荒目 洗いm34,1504,0004,2003,700
細目 洗いm34,450---
コンクリート用砕石コンクリート用砕石20~5mmm33,400-3,500-
粒調砕石粒調砕石40~0mmm34,100-3,3004,100
単粒度砕石単粒度砕石6号 13~5mmm34,1004,1004,5004,400
再生砕石再生砕石再生クラッシャラン 40~0mmm31,8001,8001,9002,000
再生アスファルト混合物再生アスファルト混合物密粒度13t10,80011,7009,40010,900

(注)1.静岡の再生砕石は県仕様「道路用再生下層路盤材」とは異なる。2.津の※印は津Aの価格

<市況(現況と見通し)>

  • レディーミクストコンクリート(静岡)

    佐高
    先行き気配

    需要家の購入姿勢厳しく、横ばい

     18-18-25でm3当たり13,000円と前月比変わらず。4~6月の出荷量は7万8千m3(協組調べ)と前年同期比11.9%増だが、落ち込んだ民需の回復が見られず、例年と比べると依然低水準。協組は過去の値上げ未達分について交渉を続けるも、既に値上げ額の一部を認めた需要家の抵抗は厳しく交渉は難航。先行き、横ばいの公算大。

  • 砂(大垣)

    木谷
    先行き気配

    需給ひっ迫し、250円上伸

     砂(荒目)でm3当たり4,150円と前月比250円の上伸。高規格道路工事向けや生コン向け需要が旺盛。メーカー各社は、砂利を砂の生産に回すなどの対応を行い、上昇した製造コストを価格転嫁するため、値上げを打ち出した。需給がひっ迫するなか、需要家は安定調達を優先し、これを受け入れた。先行き、横ばいの公算大。